情報セキュリティ改善の為に導入したいシステム

セキュリティゲートの生体認証と情報セキュリティ

本人であるかどうかを見分ける方法が進化してきました。免許証や保険証などによる本人確認は昔から行われていた方法ですが、つまりそれは裏を返せば忘れてしまえば本人だということが本人にも主張することが不可能だということになります。書類がなければ、自分を自分だと主張できないのではいくら情報セキュリティレベルを高めるためとは言っても、不便に感じる人も多かったことでしょう。特に毎日利用している職場のセキュリティゲートで、今日はカードを忘れたから入る事ができないとなったら面倒なことです。このように、情報セキュリティを守るために、社員の利便性を犠牲にしなければならなくなるということは、セキュリティ全般に対する昨今の課題となっていました。

そこで、最近進歩してきた生体認証をセキュリティゲートに組み込むという企業も増えてきたようです。生体認証は指静脈や指紋、虹彩など、本人を他人と識別することが可能な体の一部を使って行われているシステムです。最初に本人確認を行う事ができる体の一部の情報を記録しておき、解錠するときに最初に記録しておいた部分と適合させることで開くことができるようになっています。また、セキュリティレベルを上げるために複数の生体認証の場所を指定しておくことで、たとえば指紋だけでは解錠できないようにすることもできます。生体認証ならば忘れたとうことはありませんから、忘れ物の多い人には朗報かもしれませんね。

オススメサイト