情報セキュリティ改善の為に導入したいシステム

2人以上で扱うセキュリティゲートで情報セキュリティを守る

重要な作業部屋への情報セキュリティへの対策には何を行っているでしょうか?厳重に管理する、と言葉では言っても実際には施錠を忘れるなどのうっかりミスの可能性も否めませんよね。また、IDカードや生体認証などを解錠方法として設定しているという一見すると情報セキュリティレベルが高そうな企業でも、絶対に外部に漏らしたくないという情報を扱う場所では心もとない感じもあるかもしれません。警報装置などを設置するという方法もあるでしょうが、そうなると今度は作業員が作業を行うときにスムーズに行えない可能性もあります。この場合、一つの解錠だけで入る事が可能になることを防ぐという方法があります。セキュリティゲートの設置により、その設定を2人以上の作業員のIDが認識されない場合、解錠できないようにするのです。こうすることで、重要な作業に一人の作業員だけで作業させるという危険も防ぐ事ができることになります。

重要な作業部屋のセキュリティゲートの設置は、情報セキュリティを守るだけでなく、作業員へのセキュリティの重要さを教えることにもつながります。つまり、自分たちがどれほど重要な情報を扱っているのかを再認識させる手段でもあるわけです。解錠するためのIDの数が増えれば増えるほど、内部からの情報セキュリティの漏洩問題の対策は強固になります。このように、複数のIDを解錠方法とすることは、セキュリティ問題全般の取り組みとしても期待されているものです。

オススメサイト

  • SSLのライセンス購入をお考えの方にオススメなのはこちら。