情報セキュリティ改善の為に導入したいシステム

情報セキュリティのためのセキュリティゲート

社員の人数が増えれば増えるほど、一人一人を管理することは大変な労力を要するものになりがちです。出入口には監視の目を光らせることが大切ですが、それも人の手で行っている監視体制だけだと、完璧な対策とは言えません。最近では外部者に対する情報セキュリティの対策も課題となってきたことにより、出入り口でのセキュリティは必要なものになってきています。そこでセキュリティゲートというものを使う企業が増えているようです。駅のホームにある改札口のような形のものが一般的のようです。これは社員などの内部関係者がIDカードや生体認証などを行う事によって本人確認を行う事ができるものです。外部からの侵入を最低限にとどめる事が可能になります。また、こうした製品はゲートの解錠方法を細かく指定する事ができるようになっているので、企業の業種によって適した使い方で使う事ができます。

IDカードや生体認証を利用する解錠方法では、その情報が直接そのまま勤怠管理システムにつながるようにセッティングすることもでき、シンプルに情報セキュリティ対策と勤怠管理を行う事ができます。また、内部コンピュータのサーバーと接続することで、ログのセキュリティレベルを高めることもできます。このようにセキュリティゲートはただ単に出入り口に設置するセキュリティ対策という形に留まらず、他の面倒になりがちな業務と関連させることでシンプルで迅速、効率的な業務を実現させることにも役立っていると言えます。

オススメサイト