情報セキュリティ改善の為に導入したいシステム

セキュリティゲートの設置で情報セキュリティを守ります

私たちの安全な生活を確保するため、セキュリティを守ることが日常的になりとても身近になって安心して暮らすことができます。マンションなどでもセキュリティゲートを設置し、不審者の侵入などを防いでいます。会社などのオフィスでは不審者を防ぐだけでなく、情報の漏えいを防ぐことを目的にセキュリティゲートを設置し情報セキュリティを強化しています。ゲートは、屋外用と屋内用があり敷地内に車で入るところからチェックしていきます。また一人一人を検知し、入出の管理できるため警備も管理しやすくなります。まずは、エントランスやロビーにて関係者と部外者の区別をするためにゲートを通ります。来客の場合は、受付などで来客用のICカードを発行してもらいます。社内でもエリア分けされていて、業務上関係者のみ入室できるよう、さらに建物ごと、各部署ごとゲートが置かれる場合もあります。その場合、関係者以外のものが入ろうとすると、セキュリティが働き、不審者扱いされてしまうので注意が必要です。

これらのことによって、外部から守るだけでなく、社内の情報を外部に持ち出すことができないようになっています。これらのセキュリティゲートの設置で警備員を配置する人員を減らすことができ、警備コストの削減にも繋がります。また入退出管理を行うとともに、防犯カメラで記録することにより、より正確に24時間警備することが可能になるのです。さらに、民間セキュリティ会社と連携して通報ブログラムを導入することで、安心安全なオフィスを持続することができます。

オススメサイト